1
白紙一号
白紙二号
青紙二号

2
極軟鉄
積層

3
白紙一号
白紙二号
青紙二号
積層

6
白紙一号
白紙二号
青紙二号

剣鉈用 青紙2号 割込
三枚打ち白紙二号
三枚打ち青紙二号

4
ナタ用柄
ナタ用口金
ナタ用ケース

5
鍛接剤
黒染剤
黒染仕上剤
鍛造用火箸
鍛造用槌
焼入れ申し込み方法

 


 
 当店、オリジナルの火箸です。平口・平口反り・丸口・カラス口など
 種類がございます。別注も承ります。
 当店でも使用している
 鍛鍛接剤です。
 ナタ用の柄・口金・ケース
 サイズもいろいろございます。
 鉄・鋼 常温黒染剤。
 誰にでも簡単!黒染剤に漬けるだけで黒染めできます。
 注)浸ける前に、浸ける刃物は十分に油・汚れを取ってください。
   うまく染まらない場合がございます。ステンレスは染まりません。

 

ちょっとしたコツ ---火造り編---
整型鍛造(火造り)
  • 整型鍛造(火造り)温度800度〜900度で行って下さい。
    刃鋼の炭素量によっても変える必要があります。
    火造り温度が低いと変形しにくいため無理な加工となり割れを生じ
    又高すぎると結晶粒を粗くし
    鋼の性質を悪化させ焼き入れ効果が悪くなります。
火造り後
  • 火造り後の冷却に当たっては、内部歪を少なくする為
    ワラ灰、石灰粉末、及び熱砂中で徐冷するか
    600度〜650度に加熱した炉の中で冷却すれば効果があります。
    特に良品質の刃物には鍛造後の徐冷を施行してください。
    刃鋼の焼割れ防止にも効果があります。
別途焼割れ防止方法
  • 1.焼き入れ前に荒刃研ぎをして鋼面(刃出し)を出し、膨張収縮力を弱める。
    2. 水冷を油冷にする。
    3. 刃物としての必要な刃先のみ焼き入れする。
    4. 焼き入れ後すぐに焼き戻しをする。

 

ちょっとしたコツ ---焼き入れ編---
焼き入れ

 良質の鋼でも焼き入れ操作の適、不適によって非常に
 影響を受けます。焼き入れについては炭素量、製品の
 大きさ、焼き入れ温度、焼き入れ液の性質及びその
 温度など、あらゆる諸条件を勘案して刃物の用途
 大きさによって適切な焼き入れを行わなければならない。
 焼き入れ温度は刃物として焼き入れ可能な範囲
 なるべく低温で焼き入れするのが理想です。
 それは温度が高くなる程、鋼の結晶粒が
 大きくなり、もろさを増すことと、もう一つは鋼の炭素が
 空気中の酸素と化合する結果、次第にその表面の炭素量が
 少なくなり、いわゆる脱炭を生ずる危険があるからです。
 焼き入れ温度を高めることにより高炭素の刃物では
 オーステナイトが残留する為、かえって軟らかくなる
 ということも生ずる。焼き入れ効果は又、焼き入れ液の
 種類によっても大きく影響を受ける。
 焼き入れ用水の温度は 15度〜20度が適当です。
 焼き入れに油を使用する場合は、約50度に予熱し
 さらさらした状態で行う方が効果があります。
 油は種類によっては老化が早く、効果を減殺する
 事があるので注意。
 焼き入れのキーポイントは、速くゆっくりの冷却が割れず
 硬くの焼き入れ法のコツです。

焼きもどし

 鋼を完全に焼き入れすると硬さも最高を示す。
 一般に刃物は只硬ければ良いというものでなく
 適度の粘さを持たせることが切れ味をよくし
 刃こぼれを防ぐ為に有効です。焼き入れ後のやきもどしは
 この様な意味で行う大切な作業です。
 焼きもどしの温度の場合は、高温度で短時間よりも
 低温で長時間行った方が刃物の性質をよくする。
 硬質の刃物としては焼きもどしを150度〜160度で
 行うのがふつうですが、刃物の粘さをよくし、研磨とか
 研ぎを容易にする為に、180度〜200度で
 焼きもどしすることが多い。
 焼き入れされた鋼は非常に硬いが急冷による内部応力と
 マルテンサイト本来のもろさの為、使用に適さないので
 種々の焼戻温度に再加熱することによって内部応力の
 除去と組織の安定化、粘性、降状点が疲労限界等が
 よくなる事は周知の通りです。